スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆豹変◆

話は少し遡ります…

-登場人物-
のん
Aさん
Bさん

-------------------------------
EP.1◆ファーストコンタクト◆

の「~な訳で○○万円取られたんですけどこれって返ってこないんですか?」
A「いえ もうそのお金なら既に支払い済みとこちらのデータには残ってます」
の「はっ!?なんですかそれは!こっちは貰ってないですよ!!!」
A「でも当時の担当者はもう辞めちゃってるんで…ちょっと連絡とってみます」
の「…はい」

-------------------------------
数週間経過…
EP.2◆Bさん現る◆

A「当時の携帯も繋がらないですねー」
の「…え…そ…そうなんですか…」
A「のんさんこの○○という書類を三種類取ってきて下さい 都内で取れますから」
の「…はい?それは必ず必要なんですか?」
A「はい 必要です」
の「…お金…かかりますよね?」
A「一枚500円ですね…」
の「自分の金で取って来いと?」
A「はい お願いします」
の「…わかりました…取ってくればいいんですね!(#^ω^)」

-数日後-
A「今そちらにBという人間を向かわせたので話をしてください」
の「…はい? わかりました…」
(その数日の間に自分は無料法律相談所を渡り歩き告訴の準備までしていた)

-某スマイルが無料のハンバーガー屋-
B「はじめまして Bです!」
の「はじめまして…のんです…」
の「ちょっと…失礼しますね…」
(アイフォンのボイスメモ機能をONし会話の内容をとろうとした)
の「…では お話をしましょう!」

-数分後-
B「その○○万円でしたら法律上、契約が成立するしないに関わらず返す決まりです」
の「はっ!?貰ってませんよ?どういうことですか?」
B「それは…担当者がもう辞めてるので…」
の「その話はもう聞きましたよ!!!あ!言われてた書類もってきましたよ!」
B「いえ…法律で返す決まりなので必要ないです?」
の「…!?」

-------------------------------
EP.3◆和解成立◆

B「はい では○○万円口座に振り込みましたから確認してください」
の「わぁ!ほんとにはいってる!ありがとうございます!!」
B「いえいえこちらの手違いですから…」
(結局この事件は当時の担当者がお金を持ち逃げしたという結末だった)
の「…所でこの○○万円はいいんですが…Aさんに書類とってこいと言われまして」
B「はい」
の「この書類のお金は出ないんですか?」
B「…? 元々その書類は必要ありませんよ?」
の「…はい?Aさんは必要って言ってましたよ!?」
B「はい こちらでもAに聞いて見ますね 電話がいくと思います」
の「こちらから電話もしてみますね…」
B「はい」

朝起きてAさんの携帯に電話をかける
お昼休みにAさんの携帯に電話をかける
夕方Aさんに携帯に電話をかける
こんなに電話をしてるにも関わらずあちらから電話はかかってこなかった…

-------------------------------
EP.4◆知的クレイマー◆

二ヵ月後…未だにAさんと連絡が取れない
の「Aさんに電話つながりませんよ?」
B「おかしいですね…こちらからも言ってあるんですが」
の「…むぅ(イライラ)」

そしてある日、心に決めました 
「この電話で連絡が取れなかったらもう限界だ…」と
Aさんに発信…「ただいまこちらの電話はr(ぶちっ…)」
の「…(#^ω^)ふふふ…」
自分の心に黒い影が落ちた瞬間でした…


Bさんに電話
B「のんさんどうしたんですか?」
の「これは…キチガイが話してると思ってきいてくださいね…」
B「いやいやwなんのことですか?w」
の「もう二ヶ月も経つのにまだAさんから連絡が来ないんですよ」
B「…ふーむ なんでしょうね」

の「こほんっ…失礼します」
B「ん…はい?」

プチッ…
(ここで人格のモードを切り替えます)

の「もおおおおおおおおお!!!!!!!!いい加減にしてください!!!!!!」
B「の…のんさん!?」
の「何日!!何回!!!何時間人を待たせればすむんですかあああああ!!!」
B「いえだからAには連絡を…」
の「連絡!?一度もこっちにこないでBさんしか出ないじゃないですか!!」
B「いえ だから事実関係をはっきりしないと…」
の「口約束だからどーとでもいいと言うんですか!?」
B「そういう訳ではなくて…ちゃんと確認を…」
の「ボクの記憶力を甘くみてもらっては困りますね!
  あの時の会話を一言一句正確に全部言えますよ?言いますよ?」

-全ての会話を全部再現する自分-

B「はぁ…でもなんで自分にそれを言うんですか…?」
の「作戦です…」
B「作戦!?」
の「Bさん→あなたの会社→会社の上層部→Aさんと周りを埋めていき
 被害を最大限に広げる為です…Aさんはボクを怒らせたんですからね!!」
B「…そんな?」
の「営業の基本で習いませんでしたか?クレームは速めに処理しろと
 でないと大火傷を負うってね…」
B「…あ、あの…」
の「自分も少なからず電話を取る仕事なんでクレームも受けますけど
 まさか自分がクレーマーになるとは思いませんでしたよ!!!」
B「のんさんは何が…目的なんですか?」
の「Aさんに最大限の社会的なダメージを与えるのが目的ですよ!」
B「…でもAは自分が知ってる限りそんな人間じゃ…」
の「…今手元に○○万円あるんですよ?このお金全部使ってでも制裁を与えます」
(この時、既にお金の大半は使っており手札として嘘をついた)
B「…(汗」

以上…
雨宮のんを怒らせるとすごい怖いぞっと言う…


























…妄想でした☆(ゝω・)vきゃぴ



そんな訳で続く!!!ヽ(`Д´)ノ なのれす!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨宮のん

Author:雨宮のん
中くらいの腕前のへたれゲーマーです。詳しい自己紹介はリンクからじ・えんぶりおをクリックして参照してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。