スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DLソフト販売開始とな

任天堂、ダウンロード販売へ本格参入。第1弾は「Newスーパーマリオブラザーズ2」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2000207&media_id=128
---------------------------------------
任天堂がパッケージソフトのダウンロード販売に参入する。
まずは8月発売予定のニンテンドー3DS用ソフト
「Newスーパーマリオブラザーズ2」で導入し、
以降も任天堂から発売するタイトルについては原則、
パッケージとダウンロードの2形態で併売していくという。
任天堂が本日公開した決算説明会資料の中で明らかになった。


 ダウンロード購入したソフトはSDカードに保存する形。起動できるのは「ダウンロードした本体」だけとなっており、
従来のゲームカードのように「ソフトの貸し借り」はできない。
一方、ソフトを差し替えることなく、
1枚のSDカードに複数のソフトを保存しておけるという点は
ダウンロードならではの利点だろう。
任天堂としては、パッケージとデジタルにはそれぞれのメリットがあり
どちらを選択するかはユーザーの判断に任せるというスタンスのようだ。

 ユニークな点として、ニンテンドーeショップだけでなく、
小売店の店頭でもダウンロード版を購入できるようにする。
その場合、店頭では16桁の「引き替え番号」が手に入り、
それをニンテンドーeショップで入力することで
ソフトがダウンロードできる仕組みだ。

 小売店で販売するダウンロードゲームは、
いったん任天堂から小売店に「卸売販売」され、
さらに小売店は自由に値段を付けてそれをユーザーに販売する。
課金決済のコストは小売店側の負担となるが、
卸売価格と販売価格の差額はそのまま小売店の粗利となる。
従来のような「流通中抜き型」のモデルはとらず、
あくまで小売店との共存を目指す。
任天堂としては露出機会を増やすことができ、
小売店側も品切れによる機会損失や、
過剰在庫による値崩れを防げるといったメリットがある。

 資料によると、こうしたダウンロードとパッケージの併売については、
今年末に投入予定の「Wii U」でもハード発売時から
展開していくとのこと。また任天堂としては今後、
デジタルビジネスを拡大していくとしつつも、
「追加コンテンツ販売を意識するあまり、
パッケージとして未完成と受け止められるような商品を
任天堂としてご提案するつもりはない」、
「構造的に射幸心を煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」
といった点をあらためて強調している。
---------------------------------------
\(・ω・\) (|・ω・|) (/・ω・)/

決算説明会で今後の展開が発表されました
なんと任天堂は前々からいってたDLソフト販売を始めるそうで
その第一弾がNEWマリオ2って…
オーバーキルすぎるだろ…!!

毎日立ち上げ系のゲームはソフトの差し替えがめんどいね
という要望にまできちんとこたえる任天堂かこいいです
店頭でのDLタイトル値引きとかもあるそうで
販売の幅が広がるでしょうね
ラブプラスDL版とかあったら落としたいなー

今後の展開に期待です

そんなわけでー続く!ヽ(`Д´)ノ なのれすよ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨宮のん

Author:雨宮のん
中くらいの腕前のへたれゲーマーです。詳しい自己紹介はリンクからじ・えんぶりおをクリックして参照してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。